スポンサーリンク

新生銀行の3ヶ月、金利0.5%の定期預金に申込み

新生銀行の3ヶ月、金利0.5%定期預金

新生銀行から期間3ヶ月、金利0.5%の定期預金の案内が届いていました。
特別金利と言っても魅力的な条件とは言えないので放置していいたのですが、ある目的があって申し込んでみることにしました。

新生銀行の仙台サテライトラウンジを訪問
新生銀行仙台サテライトラウンジ 新生銀行の仙台支店が2020年7月31日で営業を終了しました。 その昔、長銀の時代には立派なビルを構えていたのが、新生銀行になって一番町のビルの一角になり、ついには仙台から撤退してしまっていたのです。...

ちなみにこの条件の定期預金は公式サイトにはないので、一応限られた人だけに案内しているようです。

申込みの条件

この定期預金を申込むには条件があります。

  • 金額は300万円以上1000万円まで
  • 店頭もしくはビデオ相談の際に、「特別金利円定期キャンペーン」参加の旨を担当スタッフに伝える

要するにネットだけでは申込みができず、何らかの方法で銀行の担当者と話をしないと申込めないということです。

私は仙台駅の東口にできた新生銀行のサテライトラウンジに出向いて申込みをしました。
当然他の金融商品を勧められたり、クレジットカードの案内をされたりすることを覚悟していったのですが、そういったことは一切なしで極めて事務的に申込みができました。

ただ事前にメールで当日持参するものとして、

【当日お持ちいただくもの】
・新生銀行キャッシュカード
・ご登録の印鑑(ご登録がサインの場合、シャチハタ以外の印鑑をお持ちください)
・セキュリティカード
・ご本人さま確認書類(運転免許証など)
・マイナンバーが確認できる「個人番号カード」または「通知カード」

とあったのですが、定期預金の申込みだけであればこれらはどれも必要ありませんでした。

まずサテライトオフィスで担当者とビデオ通話して申込みの意思を確認。
手続き開始の段階で、本人確認のために携帯電話に電話がかかってきて、その後はずっと携帯電話を通しての手続きとなりました。
せっかくのサテライトオフィスを使う意味が全くありませんでした。

期間3ヶ月、金利0.5%は魅力的な条件?

500万円の資金を3ヶ月拘束されて得られる金利が約5000円。
この条件を特別金利と称して案内できる今の日本が異常な状況だと改めて思います。

コメント