スポンサーリンク

2022年8月、手取り給料が過去最高に

2022年8月25日支給給与

2022年8月25日に支給された給与の手取り額が過去最高になりました。
おそらく、この手取り額を超える給料をもらうことは、もう一生ないと思います。

手取り額が過去最高になった理由

手取り額が過去最高になった理由は簡単です。

額面は退職前の給料

私の勤務する会社の給料規定は前月分を当月25日に支給するというものです。
したがって8月25日に支給されたのは7月に働いた分、定年退職前の給与額です。

確定拠出年金の拠出は終了

会社の選択制確定拠出年金への拠出は7月分給与からなくなっています。
この分手取り額は増えています。

同日得喪により社会保険料が下がった

退職・再雇用の手続きによって社会保険は同日得喪の手続きが取られました。

健康保険証を返却、同日得喪ってなに
健康保険証を返却 定年退職に伴い、健康保険証を返却するように人事課に言われました。 一瞬、「えっ」てなりました。 保険証の番号が変わるということです。 同日得喪の手続きを取るので、新しい保険証が来るまで一週間ほどかかるということ...

健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料は8月の給与から早速下がりました。
特に健康保険料は大幅に低下です。
社会保険料の負担がいかに重いのかを改めて実感します。

所得税は増加

所得税は若干の増加です。
確定拠出年金への拠出がなくなったことが大きいです。
しかし、社会保険料が下がったのに比べれば僅かな増加です。

9月の給与からは大幅に低下の予定

9月の給与からは新しく結んだ契約による給与となります。
手取り額はこれまでよりだいぶ減ることになります。
給与が少なくなれば、それに合わせて生活していけばよいだけだと思っています。

コメント