スポンサーリンク

2022年7月、会社を定年退職しました

2022年7月、時は来た

2022年7月、無事に60歳の誕生日を迎えました。
俗に言う還暦です。

下の娘が東京から帰ってきました。
別に私の還暦を祝うためではなかったらしいですが、せっかくなので家族全員でホテルで食事をしました。
そのついでという感じで、妻と娘たちが赤いポロシャツを買ってくれました。
本当にめでたいです。

諸先輩たちからは、「還暦なんて全然めでたくないよ」と聞いていたのですが、そんなことはありません。
なんとも言えない達成感のようなものを感じます。

会社で退職の挨拶

結局のところ当分の間は再雇用となったので、会社に行かなくなったわけではありません。
しかし、あくまで定年退職ではあるので、人事からはみんなの前で退職の挨拶をするように言われました。

爆弾発言してやろうかとも思いましたが、くれぐれも当たり障りのない挨拶をするように指導がありました。
しょうがないので、ごくごく当たり前の挨拶をたっぷりと長めに話しました。

挨拶を終えると、職場の同僚から花束と記念品を頂きました。
こういったことをもうやめようと撲滅運動を展開していた私がもらうのですから、なんとも皮肉なものです。
しかも、もらってみれば、なんとなく嬉しいという…

次の準備を

準備不足もあって、結局定年と同時に会社を去ることはできませんでした。
まずは仕事を引き継いでくれる人を見つけなければなりません。
会社がその手配をしないのであれば、自分でやるしかないのかもしれません。

コメント

  1. 広島人 より:

    初めまして。広島からです。
    数ヵ月前からたまにブログを見させていただいています。というのも定年退職を目指しているところや、家族構成や家族の年齢など色々なところで自分と共通点が多く大変驚いたからです。

    私の方は再雇用を辞退し、7月初旬に最終出勤を終え、8月末の定年に向けて現在長期有休取得中です。退職後は失業手当をフルにもらって、その後は週4日程度の仕事をしていくつもりです。
    加藤さんにもご希望の生活が早く来るといいですね。

    • コメントありがとうございます。
      ご定年おめでとうございます。
      まさに理想的な退職のされかたですね。うらやましいです。