スポンサーリンク

確定拠出年金、レコード・キーピング会社とは

レコード・キーピング会社とは

確定拠出年金(DC)を運用していると、レコード・キーピング会社という機関との接点ができます。

DCの運用はあくまで会社の決めた運営管理機関とのやり取りで決まるのですが、実際に運用する商品を変更したりすると、レコード・キーピング会社のHPに飛んでそちらで手続きをすることになります。

また、定期的にDCの運用状況を知らせる郵便物などが届きますが、これを送ってくるのもレコード・キーピング会社です。
先日定年を迎え、確定拠出年金の受取の手続きを開始しましたが、必要な書類のやり取りもレコード・キーピング会社と行うことになります。

確定拠出年金の受取に着手
確定拠出年金、受取手続きの案内が届く 退職して月が変わりました。 確定拠出年金の受取手続きの案内が届きました。 送ってきたのは日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社というあまり聞かない会社です。 封筒の表に「確定拠出年金に関...

このレコード・キーピング会社とは何なのでしょうか。

確定拠出年金制度で、運営管理機関が行う業務のうち、加入者の個人別資産残高の記録・管理・提供、加入者からの運用指示のとりまとめ、加入者からの受け取り申請の受け付け、受給権の裁定などを行う業務のことをいいます。レコードキーピングともいいます。システム整備に多額の投資が必要なことから、金融機関が共同でレコードキーピング専門の会社(レコードキーパー)を設立しています。日本ではNRK(日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社)JIS&T(日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社)が大手です。

確定拠出年金においては、長期に、大量の個人資産の情報を、正確に記録する必要があります。
当然システムに大きな費用がかかるので、各運用機関が共同で情報を管理する会社を運営しているというわけです。

上記の2社に銀行、証券会社、保険会社、システムベンダー等が出資して運営されており(上記の2社以外にもあるのでしょうか)、それぞれ若干出資会社の色がついているようですが、大手のメガバンクなどは両者に出資しています。

レコード・キーピング会社は怪しい会社ではない

なかにはレコード・キーピング会社から運用記録の報告などが送られてきた際、聞いたことがない会社からの郵便だからと中身を確かめずに廃棄される方もいるようです。
しかし、レコード・キーピング会社は確定拠出年金において極めて重要な役割を担っている会社です。
郵便物などは封を開け、中身を確かめることをお勧めします。

日本レコード・キーピング・ネットワーク社への要望

私の会社の運営管理会社とセットになっているレコード・キーピング会社は日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社です。
出資元や役員の構成をみると、三井住友、三菱UFJ、日本生命などが主体となっているのかと思います。

特に不満はないのですが、一つだけ要望があります。
私は普段chromebookでネットにアクセスしているのですが、chromeOSだとこの会社のサイトにアクセスできないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この点だけなんとかして欲しいと思います。

コメント