スポンサーリンク

電気料金高騰、プラン変更で対応

電気料金高騰の対策

いよいよ電気料金の値上げが本格化します。
ここにきて為替は円高に振れ、原油価格も落ち着きを見せていますが、どれも焼け石に水。
電力会社が赤字をから脱却する見通しが立たない以上、粛々と値上げは実行される見込みです。

電気料金、燃料費調整制度における上限価格の廃止の影響は想像以上に大きい
電気料金の上昇 電気料金が上がっています。 住んでいる場所や契約条件にもよりますが、このところ毎月上がっています。 夏の間は冷房需要で電気代が上がって当たり前と思っているので実感が少ないですが、電気料金の単価は今年に入り上がり続けてき...

値上げに対してはとりあえず自由化料金のプランから規制料金に変更して一時的に凌ぐつもりでしたが、電力会社は規制料金の値上げも申請してきました。

電気料金の高騰にどう立ち向かうか、対策を検討
電気料金の高騰は避けられない 今後、電気料金の高騰が避けられない状況になってきました。 未だに「円安は日本経済にとってプラスだ」というのが政府・日銀の公式な見解ですから、状況が改善する見通しはないです。 少々の値上がりであ...
東京電力など5電力が来春に値上げへ 東北は3割超の引き上げを申請:朝日新聞デジタル
 東北電力は24日、家庭向けの規制料金を来年4月に平均32・94%値上げする計画を経済産業省に申請した。ロシアのウクライナ侵攻後、国の認可が必要な規制料金の値上げ申請は初めて。東京、北陸、中国、四国、…

2023年4月以降は規制料金も上限撤廃後の自由化料金並みになることになります。

政府は電気代支援策として補助金を投入し、それを受けて2023年1月分から電力会社はその分を値引きすると発表していますが、効果は限定的です。

政府の電気代支援策、23年1月から 平均的な家庭で月1820円安く
電気事業連合会は7日、国の支援を受けて23年1月使用分から電気代の値引きを行うと発表した。平均的な家庭(月間260kWh)で月に1820円ほどの値引きとなる。

ガソリン価格の補助もそうですが、この手の補助金は弱者対策と言いながら結局使用量の多い人が一番得をしてしまいます。
本来自由経済に任せれば、各自の状況に応じて使用量は抑制されるはずなのですが。
いずれ補助金として支出された分は増税の形で回収されるのに、それを理解しない馬鹿な国民がいる以上、今後も何度も繰り返されることになりそうです。

細かなプランの見直しで対抗

電力会社も馬鹿でない以上、料金の穴を見つけることは難しいですが、家庭の状況が変わるたびにプランを見直していくことは地味ですが効果がありそうです。

2017年4月、4人暮らしから3人暮らしになって変わったこと、変わらないこと
18年ぶりに三人暮らしに 2017年4月、我が家の生活は大きく変わりました。 上の娘が大学を卒業、就職は地元で家から通うことに。 下の娘は高校を卒業、大学は東京で家を出ることに。 長く続いた親子4人の暮らしが、三人暮らし...
25歳の娘が突然に同棲開始、父親は何をすべきか
娘が突然に同棲開始2019年10月、上の娘が突然に、「彼と一緒に住むことにしたから。ちょくちょく帰ってくるよ。」と宣言、あっという間に当面の荷物をまとめて家を出ました。本人がどのくらい前から準備していたのかは今もって不明ですが、親としては全

以前は我が家も4人家族の比較的電気を多く使う家庭だったわけですが、気がついたら年寄り二人の家庭に変わっていました。
当然電気の使用量もだいぶ少なくなったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

電力会社のサイトでシミュレーションしてみると、予想通り従来の規制料金プランのほうが安くなりそうです。
さっそく変更の手続きを行いました。
今はこの手の手続がすべてネットで完結するので楽です。

2023年4月以降に規制料金も値上げになると、また状況は変わるでしょうが、今後はマメにプランの見直しを実行していくつもりです。

コメント