来年の今頃は会社にいなのに、私が部門方針をつくるの?

9月は予算の季節

私の勤務する会社では、9月になると予算の作成、方針の作成が始まります。
今後一年間だけでなく、中期計画として3年先まで検討したりもします。

私も立場上、会議に出席したり数字を検討したりするわけですが、どうも違和感があります。
一年後、結果が出る頃には私は会社にいないわけで、そんな人が関わっていていいのかという素朴な疑問です。

「こんな訳のわからない計画を作ったのは誰だ?」
「あの人が作った意味のわからない部門方針に引きずられた」
といったことになるに決まっています。

フェード・アウトが必要なのでは

周りの人は、私が定年以降も働くと思っているので、この種の会議に招集してくれているのかと思うのですが、はっきり言って力が入りません。
部門方針などは後任の人が作成するべきと思うのですが、現時点で後任は決まっていません。
大声で「私はもう辞めるんだから」と主張するのもなんですし、どうすればよいのでしょうか。

役職定年を迎えていたり、窓際部長だったりするほうが自然に退職の日を迎えられるのにと思います。

そもそも定年というのは、辞めるのがデフォルトで、再雇用されてその後も働くのが例外なはずなのですが、世間一般も私の会社もその逆のようです。
いったいどうしたら退職日に向かって少しづつ仕事を減らして、退職日にはすっかり仕事がなくなるというふうにできるのでしょうか。

モヤモヤ…

コメント