スポンサーリンク

グーグルストリートビューで自宅の表札のぼかしを要求

ストリートビューが更新され表札がバッチリ

地図が好きなので、地図アプリも様々なものを使っています。
中でも使用頻度が高いのはやはりgoogle mapsです。
老舗なので使い慣れているのと、やはり機能は一番充実していると思います。

先日、ぼんやりと眺めていると、自宅周辺のストリートビューが更新されていることに気が付きました。
それで自宅を見てみると、なんと我が家の表札がバッチリと写っています。
我が家の表札には私の名前がフルネームで書いているのですが(家を建てたときに義父が書いてくれました)、これがはっきりと読めます。

以前は表札と車のナンバーにはぼかしが入っていたような気がするのですが、今回は入れてくれなかったようです。
たまたま出かけていたときに撮影されていたようで、車は駐車場に止まっていませんでした。

googleに表札のぼかしを要求

さすがに表札がはっきりと読めるのはよろしくないので、googleに改善を要求しました。
改善要求はストリートビューの当該画面から行います。
表札が写っている部分を選択して指摘します。

 

 

 

 

 

 

 

 

表札がメニューに有るということは、こういった問題を十分に認識しているのでしょう。
送るとすぐに自動応答の返信が来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、問題点を確認して更新しましたとのメールが来るまでに約3時間、指摘すれば迅速に対応してくれるようです。

 

 

 

 

 

ストリートビューのポリシー違反は指摘した分しか直さない

ちなみに表札が写っていたのは、我が家だけでなくご近所軒並みなのですが、ぼかしが入ったのは我が家だけのようです。
指摘されないと直さないというのが通用してしまうのは問題だと思うのですが。

 

 

 

 

コメント