スポンサーリンク

築後19年経過、家の設備が次々に壊れ始める

築後19年経過

家を建てて19年ほどが経過しまいた。
幸いにも住宅ローンは完済しています。

2017年10月、住宅ローンを完済しました
14年10か月かかってついに完済 さる2017年10月25日、住宅ローンを完済しました。 最後の繰り上げ返済をネットから行ったのですが、画面には『おめでとう』などと出ることもありませんでした。 家族にも話していないので(我が家...
15年に及ぶ、住宅ローンと共に暮らした日々を振り返る
住宅ローン完済 2002年に借りた住宅ローンを2017年に完済しました。 元々は20年ローンで借りたもの、結果的に5年短縮することができました。 完済したことで、今後住宅ローンのことを考える機会はなくなると思われるので、この機...

仙台という土地柄、何度か大きな地震に見舞われましたが、崩壊することもなく、いまでも雨露はしのげています。
一方で住宅設備はそろそろ交換が必要になってきています。
特に今年になって故障が相次いでいます。

これまでに直したもの

窓の三重サッシ化

これは壊れたからではなく、冷暖房の効率を上げるために10年ほど前に実施しました。
予算の関係で一階のみです。
効果は上々で、冷暖房の効率は格段に向上しました。

排水管の詰まり修理

築後10年を経過したあたりから、洗面所の排水が詰まり気味になりました。
妻と二人で自力で分解して掃除しました。
最近また流れが悪くなってきたように感じます。
高圧洗浄してみたい気もしますが、効果はあるのでしょうか。

今年交換したもの、交換予定のもの

ウォシュレット

ノズルの調子が悪くなり、全交換となりました。

ガス給湯器

少し前から調子が悪くなり、修理しながら使ってきましたが、ついに部品がないということで全交換となりました。

浴室暖房乾燥機

ファンの調子が悪くなり、ドライが機能しなくなりました。
製造メーカーが撤退していて交換できず、引き継いだメーカーの製品ももサイズが合わないとのこと。
ユニットバスの加工が必要になりました。

食器洗浄機

何回か修理しましたが、ついに修理不可能と言われてしまいました。
事業譲渡されていて引き継いだメーカーの担当者がこれまで修理してくれていました。

しかし交換となると、同型の仕様は製造していないとのことで、別のメーカーに交換となりました。
ただし、半導体不足、ウクライナ情勢のため、いつ入荷するかわからない状況です。

製造メーカーの事業撤退リスクも

せっかくの持ち家も年月を経るにつれ少しずつ傷んできます。
住宅本体に比べ、住宅設備や電化製品は寿命が短く、いつか交換の時がやってきます。

その時に元々のメーカーが健在であればなんとかなるのですが、昨今の経済状況だと撤退している事もありえます。
代替のメーカーがあればいいのですが、互換性の問題などで必要以上に費用がかかったりする可能性もあります。

もちろん大手だからといって安心はできないのですが、なるべく汎用性のある製品を使っておいたほうが、後々のためになると改めて感じています。

『交換できるくん』で浴室乾燥機を交換
浴室乾燥機の故障 我が家も築後20年近くが経過し、家の設備に故障が相次いでいます。 その一つが浴室乾燥機です。 家を建てた当時、浴室乾燥機はそこまで一般的でなかったような気がします。 たまたま取り付けることになったのです...

コメント