スポンサーリンク

ふるさと納税、寄付金受領証明書の再発行を依頼

ふるさと納税、寄付金受領証明書を紛失

みんな大好き、ふるさと納税。
我が家も最大限利用させてもらっています。

一般的には確定申告が必要になりますが、その際に必要となるのが寄付金の受領証明書です。
年の始めに寄付した分などは確定申告の時期まできちんと保管しておく必要があります。
実は先日の地震の際、片付けのドタバタで紛失してしまいました。

証明書の再発行を依頼

だいぶ探したのですが、壊れた棚などと一緒に廃棄してしまった可能性が高いと判断し、該当の自治体に再発行を依頼しました。

基本的にこの種の証明書は再発行されないし、再発行される場合も切手添付の返信用封筒が必要なことが多いと思われるので、まずは問い合わせフォームから問い合わせてみました。

寄付をした年月日、使用したポータルサイト、金額、住所、氏名、受付番号等を記載して依頼しました。
すると、時間をおかずに返信があり、確認の上、即日郵送したとの返事です。
メールの内容も毎年の寄付に感謝する旨の記載があり、とても気持ちよく再発行いただきました。

再発行いただいた証明書が届いて、御礼のメールをしたところ、これに対しても丁寧な返事をいただきました。
これは毎年欠かさずに今後も寄付をしなければと感じた次第です。

再発行依頼に対する対応は担当者次第かも

今回のような対応がいつも可能かどうかは不明ですが、寄付の事実は確認できるはずなので、相応の理由があれば再発行いただけるのではないでしょうか。

ただ、他の行政対応でもよくあるように担当者次第ということもあるかもしれません。
今回対応いただいた方はメールの返信も早く本当に助かりました。
今後は紛失することのないように気をつけていきます。

なお、令和3年確定申告からは、特定寄附金の受領者が地方団体であるとき(ふるさと納税であるとき)は、寄附ごとの「寄附金の受領書」に代えて、特定事業者が発行する年間寄附額を記載した「寄附金控除に関する証明書」を添付することができるようになっています。

令和3年分の確定申告からふるさと納税(寄附金控除)の申告手続が簡素化されます|国税庁

 

 

コメント