スポンサーリンク

退職金の使い道は

退職金の使い道は

確定拠出年金の請求をしたので、問題がなければまもなく一時金相当額が振り込まれるはずです。

確定拠出年金、受取方法を決定
給付金の請求書類を作成 確定拠出年金の受取に当たっては請求書類を作成しなければなりません。 請求書類の作成はWeb上で行うことができます。 この時大事なのが規約です。 確定拠出年金の規約によって、できることとできない...

これだけの大金を手にするのは住宅ローンを借りた時以来になります。
住宅ローンは借りたそばから一気になくなったので大金を手にした実感はありませんでしたが、今回はどうするか考える楽しみがあります。

使い道は特にない

退職金の使い道でよく言われるのは、住宅ローンの返済、車を購入、海外旅行といったところでしょうか。
私の使い道はというと、特にないです。

住宅ローンが残っていたらもちろんそれに当てたと思いますが、幸いにも返済は終了しています。

2017年10月、住宅ローンを完済しました
14年10か月かかってついに完済 さる2017年10月25日、住宅ローンを完済しました。 最後の繰り上げ返済をネットから行ったのですが、画面には『おめでとう』などと出ることもありませんでした。 家族にも話していないので(我が家...
15年に及ぶ、住宅ローンと共に暮らした日々を振り返る
住宅ローン完済 2002年に借りた住宅ローンを2017年に完済しました。 元々は20年ローンで借りたもの、結果的に5年短縮することができました。 完済したことで、今後住宅ローンのことを考える機会はなくなると思われるので、この機...

車も今の車で満足しています。
旅行には行きたいと思いますが、退職金で豪華旅行という柄でもありません。

今のポートフォリオに組み込むだけ

結局受け取ったら今の資産に単純にプラスするだけになりそうです。
お金に色をつけない主義なので、全部一緒にしてしまいます。

運用の方針も変えるつもりはありません。
最低限のお金をキャッシュに残して、後は投資していきます。
キャッシュとしておいておく金額は今後むしろ減るのではないかと思います。

今の常識が今後も続くわけがない

30年前、私が社会人になった頃、退職金で住宅ローンを一気に返済するのが常識とされていました。
退職金がいくら貰えるのかも知らないまま、会社の先輩たちは住宅ローンを組んでいました。

今になってわかるのは、身の丈以上のものを求めれば、必ず破綻するということです。
周りに流されないで大胆不敵に生きていくことが大切だと本当に実感します。

 

コメント