スポンサーリンク

なぜ定年で会社を辞めることができなかったのか

ブログタイトルを変更

2022年7月の定年以降、看板に偽りありだったこのブログのタイトルをようやく変更しました。
『定年で会社は辞めるんだ』から『定年で会社は辞めるつもりだったけど』にちょっとだけですが。

ついでにプロフィールも最新に直しました。

プロフィール
このブログの作成者について はじめまして。 このブログを書いている、加藤ふぁー(@kato_far)と申します。 1962年生まれ、現在は宮城県の仙台市に住んでいます。 家族は1965年生まれの妻と1994年生まれの長女、1998年...

なぜ会社を辞められなかったのか

なぜ辞めなかったのかではなく、辞められなかったのかと書くあたりに私のいやらしさが滲み出ますが。
結局、流されて再雇用を選んでしまった理由を現時点で分析しておきます。

辞めて何をするかが明確でなかった

会社を辞めてこれをしたい、という強烈な意志がなかったということに尽きます。
準備不十分、ただ今も特にこれがやりたいというのはないです。

仕事の後任者を育成できなかった

本来、後任を用意するのは会社の仕事ですが、中小企業はそうも言っていられません。
後任を自分が決めて、育成することを時に求められます。
ただ、私は後任の人事に、辞める人が関わるべきではないという主義なので会社に任せています。
案の定、今現在も後任はいません。

再雇用の条件が良かった

会社から示された条件が予想以上だったこともあります。
給与、休日、権限、こちらの出した条件をほぼ飲んでくれました。
それで辞めづらくなったこともあります。

ズルズル行きそう

定年再雇用されて半年ほど経過しましたが、居心地が良くてこのままズルズル行ってしまいそうです。

週休3日で一ヶ月が経過、快適な毎日
月16日勤務 2022年8月から新しい雇用契約を結んで働いています。 一日8時間、月16日勤務というものです。 だいたい週休3日プラスαになります。 業務の都合上、毎週3日休むというわけではなく、月半ばにある程度まとまった休みを取得...

コメント